心遣いのある場所を選ぼう

葬儀

事前の用意が必要です

八王子で家族が亡くなった時に安心して葬儀ができる基準は、葬儀を行う前の心遣いにあります。故人を大切に思うからこそ、伝統の風習に合わせて行いたいものです。現在家族が病院で亡くなる割合は8割といわれていて、医師から死亡診断書を作成してもらう間に葬儀社へ依頼しなければなりません。病院と提携している八王子の葬儀社もありますが、生前からきちんと葬儀社を決めておくとスムーズに対応してくれます。八王子の葬儀社は連絡を受けるとすぐに自宅の仏間に運んでくれます。葬儀が始まるまでの間は枕飾りを供えておきます。北枕に配置して燭台などの用意は前もって準備してくれます。その後葬儀の打ち合わせを行います。故人の宗派によって儀式の形態が異なる場合があるので菩提寺に確認したり、親戚に宗派を聞いておくとよいでしょう。宗派によって僧侶の手配などを済ませます。葬儀社では専門知識が豊富のため、どのような準備が必要か、費用の範囲内で収まるよう対応してくれます。そして、納棺は身内が揃ってから行います。体を清めてもらい棺に納めた後には、通夜の用意をします。最近では故人の遺言により遺族だけで執り行う家族葬の要望もあり、香典や供物、弔電を辞退する場合もあります。担当とよく相談して、家族葬の場合には訃報を知らせる時に参列お断りの旨を上手に伝えましょう。また、通夜の用意の際には料理や返礼品の準備をします。参列者に対応できるお手伝いを事前に親族や友人に依頼しておくと負担が少なくなります。八王子で葬儀をするなら故人や親族に配慮のあるサポートをしてくれる業者を選びたいものです。