超高齢社会が進む中で

女性

超高齢社会におけるニーズ

現代社会では、少子高齢化社会問題が深刻になっている。首都圏の一部とされる埼玉県も例外ではない。埼玉県内では、高齢者の数が首都圏の中でも最も多く超高齢地域と言われている。そのため近年では、有料老人ホームや特別養護老人ホーム等高齢者向けの施設が増加傾向にある。割と都心と呼ばれるさいたま市でも、老人ホームの数はかなり増えている。また、老人ホームが増えると同時に、埼玉県では葬儀場の数も年々増えてきていて、埼玉県さいたま市某所では目と鼻の先に葬儀場が3軒も並んでいる。埼玉県内では高齢者が増えることで葬儀のニーズがかなり高まっているのである。また、ベッドタウンでも有名な埼玉県では、高齢者だけではなく、若くして亡くなった方も地元である埼玉県で葬儀を行う人も少なくはない。埼玉県では、従来の定番であった大規模な葬儀だけではなく、家族葬という小規模な葬儀も積極的に推奨している。また仏壇やお墓の専門店も多い。そこでは葬儀についての相談も承っているため、いざ葬儀を行うというときにいつでも準備することができる。各家庭のニーズに寄り添った葬儀を提供するためには、地域や専門の会社の協力が必要不可欠になっている。故人の最期をより良いものを提供出来るのは、いつでもどんな時でもいざという時に備えて相談することが出来る機会が充実している埼玉県だけではないかと思う。超高齢社会において、故人や遺された人のニーズに応えられる埼玉県で、もしもの時は葬儀を行ってほしい。